ピラティス

からだの芯に優れたエッセンスだけを注入します

筋肉や骨格のアンバランスさを正しく把握し、
それに見合った正しい運動を指導

ピラティスとは、一人のドイツ人男性「ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス」によって、20世紀前半に真の健康と幸福を手に入れるために提唱された身体調整法です。

からだを鍛えるには、外側の大きな筋肉「アウターマッスル」を鍛えるだけではなく、内側の、特に深層部にある細く、長く、小さい筋肉「インナーマッスル」の強さと柔軟性のバランスを調整することも必要です。インナーマッスルの安定は、体幹の筋肉だけでなく全身のすべての筋肉が外力に対してアライメントを維持できている状態を保ちます。

この安定性が崩れてしまうと、「頭痛」「肩こり」「腰痛」「神経痛」などの慢性の痛みを引き起こしますが、そのほとんどは「姿勢の悪さ」が原因であるといっても過言でありません。

当院にお越しになられる多くの方は、その症状の再発に苦しまれています。そこで、当院では筋肉や骨格のアンバランスさを正しく把握し、それに見合った正しい運動を指導することで、痛みなく動きやすいからだづくりをサポートします。ポイントは、お一人おひとり運動の方向性が違うこと。「左右の骨格の歪み」「筋力のパワーバランス」「関節の角度調整」といった3つの動きを細かく調整いたします。

当院のピラティスは完全マンツーマン。「どのような筋肉が弱くなっているのか」「どの筋肉を刺激するとからだが強くなるのか」といったことを明らかにして、お一人おひとりに合ったプロクラムを立てていきます。ぜひ、身体の悩みをお聞かせくだい。

からだをよく使う仕事の方

物を持って体を回転させる時は必ず右回り。床から物を持ち上げる時には必ず左の膝をついている。こんなふうに、つい自分の好きな方向ばかりでからだを使うことがありませんか?

人はどうしても、パターン化された動きをしてしまいがち。決まった動きは、からだの一側あるいは一部分ばかりを酷使することになり、その部分への負担を加増してしまいます。また、曲がりにくい方向へ不意に力を加えると、突発的な痛みが生まれることもあります。

可能な限り、時々いつもと違う向きで作業したり、からだの左右を均等に使うようする「ピラティスの運動法」を用いて予防しましょう。

立ち仕事の方

基本的に立っていて、なおかつ激しい動きを伴わない仕事の方は、筋肉の柔軟性を向上させることが予防につながります。

真っ直ぐに立つ状態は座っている時よりも背骨への負担は少ないため、デスクワークの人に比べると腰痛のリスクは少なくなります。しかし、立っている時には「からだの背面の筋肉」が活動を続けています。人のからだの前面にある筋肉は「活動」にとって必要な筋肉で、背面にある筋肉は「姿勢保持」にとって必要な筋肉なのです。

背面の筋肉とは

d-231x500

  • ふくらはぎの筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋)
  • 太股の裏の筋肉(ハムストリングス)
  • お尻の筋肉(大殿筋、中殿筋、小殿筋)
  • 腰の筋肉(脊柱起立筋などの背筋)

これらをバランス良く使うことで姿勢を美しく、疲れにくく保てるようになります。

デスクワークの方

1のコピー机の上にパソコンを置き、終日パソコン画面に向かって仕事している方が留意するべきことは、座位姿勢です。まずは、パソコン画面の位置。ほとんどの方が背中を丸くし、顔を少し突き出した姿勢になっています。特にノートパソコンはモニターの位置がデスクトップパソコンに比べ低い位置になるため、さらに猫背と顔の突き出しが強くなります。同時に骨盤も後ろに倒れた状態(後傾)になるため、時間の経過とともに猫背がさらに進むという悪循環になってしまいます。

猫背は腹筋を短縮させることになり、やがて腹筋に筋肉の「こり」を発生させ、おしりや背面の筋力低下を招きます。さらには、腰部に関連痛を引き起こすと同時に、股関節の付け根にある「腸腰筋」(大腰筋と腸骨筋)も短縮したままになります。この筋肉も、硬くなると腰に痛みを発生させます。

適切な座位姿勢をとること、筋肉の硬化を予防すること。これが、とても大切です。そういった方には、「アーティキュレーティングショルダーブリッジ」をお薦めします。が良いでしょう。体幹の強化、腰の柔軟性の向上に適しています。
63a1668b2eb7253fabc69bd9dba1a219-1024x768

プロフェッショナルからの推薦

  • kimura
    MLS ニューヨークレッドブルズ
    木村光佑

    体の筋力バランスは、スポーツだけでなく日常生活においてもとても大切ではないでしょうか。特に体幹と呼ばれるコアマッスル、すなわち胴体周りの筋力バランスは重要です。

    アメリカではさまざまなスポーツが盛んですが、プロ選手のほとんどがピラティスの原理を取り入れたトレーニングを行っており、競技成績を上げるだけでなく健康管理の一端を担うものとして活用しています。

    「新宿総合治療センター」が優れているのは、鍼灸やマッサージのメンテナンスと併せてピラティスも可能なところ。先生たちも骨格と筋肉の専門家ですから、精度の高いピラティスを処方してくださっています。

    ピラティスは、どなたでも安全に楽しくできる健康体操です。皆さんの健康で実りのある生活に役に立つと思います。
    ※効果には個人差があります

    kimura002
    kimura03