美容鍼

外部からではなく、内部からキレイになる力

お薬や化粧品だけに頼りたくないあなたへ

pixta_18735189_m薬や化粧品など外部からのアプローチではなく、顔や頭皮、首などのツボを刺激して内部から自分の細胞でキレイにするのが美容鍼です。最近、モデルさんや女優さんにも注目され、メディアなどでの露出も多くなってきました。「シミやシワがきになる」「肌にキメやハリがない」「疲れてくると、吹き出物が出やすい」という方には、効果的です。


真皮まで到達する美容鍼。皮膚の再生リズムを早めます

7
皮膚の基本的な生理機能は、保護(外部からの刺激を守る役割)と排出です。構造は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造。表皮は、さらに角質層、顆粒層、有棘層、基底層から成り立ちます。最も下層の基底細胞は分裂し、徐々に上方へ移行して最終的には表面で垢となり脱落します。このサイクルが「タンオーバー」と呼ばれるもの。タンオーバーが正常に行われることで、ハリやキメ、潤いが保たれます。

真皮は表皮の下にある層で、コラーゲンという膠原繊維やエラスチンという弾性繊維、ヒアルロン酸、水分などから構成されます。そのため、表皮の元となるハリ、ツヤ、キメの細やかさに大きく関わってきます。

皮下組織は真皮から筋膜までの部分で、脂肪細胞でできています。そのため、外部からの刺激に対してクッションの役割。体温低下防止、熱生成といった保温機能などの役割も果たします。

これからも分かるように、排出器官である皮膚にどんなに優れた美容液を塗っても一番上の表皮にしか到達しません。しかし、美容鍼は、唯一、真皮まで到達し、皮膚の再生リズムを通常より早める効果を引き出してくれます。
20151202-179