逆子対策

東洋医学の知識と技術も豊富に取り入れた
プログラムで、身体的・精神的なケアを提供します

逆子の原因は「冷え性」がNo.1

妊娠された方の「冷え症」や「緊張感」は、逆子の大きな原因となります。お腹の張りが強くなったり、子宮の奇形・子宮筋腫・卵巣嚢腫・前置胎盤・低置胎盤・羊水量などの問題が起こるほか、臍帯が赤ちゃんに巻きつくといったトラブルも生まれます。なかでも、「冷え症」は最も大きなウエイトを締める原因となっています。

「冷え」は、からだの下に溜まります。赤ちゃんの頭も下にあります。赤ちゃんは「冷え」を居心地が悪いものと判断し、比較的暖かい場所を求めて逆さまになってしまいます。

お灸・指圧・体操療法で、逆子を改善

逆子対策として、三陰交(内くるぶしの上)、至陰(足の小指)にお灸を施します。お灸はその方の体質に合わせて、火傷にならない電気温灸器から煙の出る本格的なお灸まで用意。また、長年の経験を積んでいる特効穴への指圧も効果絶大です。こうした施術を行うと、赤ちゃんが活発に動く様子がわかります。たった1回の施術で逆子が治った方も、多数いらっしゃいます。

ピラティスなどの体操療法では、骨盤の「歪み」を改善することで赤ちゃんの居心地良い環境を整え、再発予防を実現。「新宿総合治療センター」が独自に開発した「万歳体操」(特許出願中)を取り入れ、最適な骨盤環境を整えます。妊娠32週を過ぎた方でも十分に逆子改善が実現しますので、お気軽にご相談ください。

至陰(足の小指)にお灸をします

至陰(足の小指)にお灸をします

体操で骨盤環境を整えます

体操で骨盤環境を整えます