呼吸量

IMG_3821寝ても疲れが取れないという方がいますが、寝ている間の呼吸量は、寝起きの疲労感と密接に関わっています。
寝ている時の姿勢で一番調整しやすいのは枕の高さです。
図からも分かるように、低すぎても、高すぎても心地よい睡眠は取れません。
意外と高い枕の方が多いようですので、一度タオルなどで低い枕で寝てみて下さい。
寝起きの疲労感、肩こりが改善するかもしれません。

新宿総合治療センター
【新宿鍼灸院 新宿整体院 新宿整骨院 新宿マッサージ院】
《専門家が高い知識と技術を》
150-0054 東京都渋谷区代々木2-10-10東京プラザビル8階
電話 03-6300-5611
//medical-shinjuku.com/
【営業時間】 10:00〜22:00 年中無休