脊柱管狭窄症

IMG_4274
椎間板の比厚と変性により、脊柱管が圧迫され管が狭くなってしまう状態を脊柱管狭窄症と言います。
症状は様々ですが、軽い人であれば何の不調もなく気づかない人もいますが、酷い人では痛みや、痺れにより休み休みでないと歩けない(間欠性跛行)といった症状が出る方もいます。
椎間板の変性を直す事は出来ない為、いかにして狭窄部分への負担を減らす事ができるかという事が重要となります。
首、腰に症状があり、痺れや痛みに悩まされている方は、ご相談下さい。

新宿総合治療センター
【新宿鍼灸院 新宿整体院 新宿整骨院 新宿マッサージ院】
《専門家が高い知識と技術を》
150-0054 東京都渋谷区代々木2-10-10東京プラザビル8階
電話 03-6300-5611
//medical-shinjuku.com/
【営業時間】 10:00〜22:00 年中無休