熱中症

IMG_4581
熱中症は、高温多湿な環境に、身体が適応できないことで生じる様々な症状の総称です。熱射病や日射病とは、重度の熱中症です。
熱射病は、脳の視床下部による体温を正常に保つ機能が低下し、汗がとまり体温が40℃を超え、そのままでは死に至る極めて緊急性の高い状態を指します。このうち、太陽光がその一因となるものを日射病といいます。

原因は、外気が皮膚温以上の時や湿度が非常に高いと、放熱や発汗ができにくくなり、熱中症を引き起こします。
基礎疾患のある高齢者や肥満、糖尿病の患者さん、アルコール依存症の患者さんは、熱射病に陥りやすいとされています。一方、死に至ることもある最重症の熱射病には、素因(もともとの体質)が関係するとする考え方があります。

熱中症は、
軽症の熱けいれん
中等症の熱疲労
重症の熱射病の3つに分類されます。

症状は、
頭痛や疲労感
こむら返りを起こす熱けいれん
脱水が主体で頭痛や吐き気を起こす熱疲労
体温が40℃を超え意識がなくなる最重症の熱射病まで様々です。

基本的に以下の応急処置が必要です。
(1)休息
体を冷却しやすいように衣服をゆるめ、安静にします。
(2)冷却
涼しい場所で休ませます。風通しのよい日陰、クーラーの効いた部屋に移動します。また、 氷嚢ひょうのう、氷塊などで 腋わきの下、首のまわり、脚の付け根などを冷やし、血液循環を通じて体温を早く冷まします。
(3)水分補給
意識がはっきりしていれば、水分補給(スポーツドリンク)を行います。意識障害や吐き気がある場合は、医療機関での輸液が必要で、救急車を呼んで至急医療施設へ搬送します。

湿気の多くなるこの時期から熱中症には気をつけましょう。

新宿総合治療センター
【新宿鍼灸院  新宿整体院   新宿整骨院    新宿マッサージ院】
《専門家が高い知識と技術を》
150-0054 東京都渋谷区代々木2-10-10東京プラザビル8階
電話  03-6300-5611  
//medical-shinjuku.com/
【営業時間】 10:00〜22:00 年中無休