内出血

IMG_4886
新宿店、塩川です。
気づかない間に、内出血が出来ている方はいませんか?
内出血とは皮膚には傷口がないにも関わらず、何かしらの影響で血管が破れて中で出血してしまっている状態を指します。

では、なぜ内出血しやすい人と、そうでない人と分かれるのでしょうか?

そもそも、体はコラーゲンにより弾力性のあるハリを保っています。
しかし、コラーゲンが不足した体には弾力性がない為、すぐに壁が壊れてしまいます。
コラーゲンは、プロリンタンパク、鉄、ビタミンCが合成されて作られます。
ですが、タンパク質、鉄、ビタミンCの不足が起こるとコラーゲンを作ることが出来なくなり、ハリのない、壊れやすい細胞になってしまうのです。

日々の食事はあなたの体を作る大切な材料です。今一度、見直してみましょう。

新宿総合治療センター
【新宿鍼灸院 新宿整体院 新宿整骨院 新宿マッサージ院】
《専門家が高い知識と技術を》
150-0054 東京都渋谷区代々木2-10-10東京プラザビル8階
電話 03-6300-5611
//medical-shinjuku.com/
【営業時間】 10:00〜22:00 年中無休