【ゴルファーへの専門プログラム】

いつまでもプレースタイルを変えずにゴルフを楽しみたい方へ

ゴルフの組み立てを考えると

1、ドライバーでのTショット

2、アイアンでのアプローチ

3、パターでのカップイン

に分類されると思います

特に障害を発生しやすいのは、1ドライバーショットであります

またバックスイング・インパクト・フォロースルー時で区分けするとインパクト時の怪我(障害)が、多いのが特徴であります

怪我をしやすい部位は

1.手首(腱鞘炎)

ドケルバン病と言います

母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりして、さらにそれが刺激し、悪循環が生じると考えられています
特に手背第1コンパートメント内には、上記の2種類の腱を分けて通過させる隔壁が存在し、これがあるために狭窄が生じやすいです

整形外科での腱鞘内ステロイド注射は2回までは有効ですが、それ以上はエビデンスはなく腱の硬化が生じてしまいます

リスクを考えると基本的に保存療法か弊社にある530治療器や超音波治療器は有効です

※オリンピック選手団が海外へ持参する機材になります

製造元リンク

http://www.medical.itolator.co.jp

2.腰(ヘルニア)

腰椎ヘルニアもしくは腰椎症

腰椎は基本的にねじれない骨です

上記を参考にしてください

色々なゴルフ文献を読みましたが「腰を回旋」と記載されていますがとてもリスクが高いです

運動生理学的には、骨盤帯の回旋であり股関節面での動きが、必ず生じます

上記のように腰椎は椎間関節により回旋動作にはロックが生じますので、腰椎の損傷を起こしやすいです

また腰椎椎間板は圧迫だけでなく側屈・回旋力にとても弱いのです

ヘルニアの脱出方向を考察すると、必ず脊柱には側屈・回旋が働いてます

腰部の治療としては重度な【脊柱管狭窄症】以外のオペはおすすめしません

https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0017/G0000309/0052

上記ガイドラインには、8年で23パーセントの再発、新規の発生はその10倍とされてます

オペによる筋肉、靭帯、骨の損傷を考えると保存療法がリスクが少ないのが実際です

保存療法とは何か・・・・PRICES処置

PRICES処置は6つの処置から成り立っており、

“P” 保護 (Protect)
“R” 安静 (Rest)
“I” 冷却 (Ice)
“C” 圧迫 (Compression)
“E” 挙上 (Elevation)
“S” 安定・固定 (Stabilization/Support)

急な痛みや怪我にお困りの方へ

上記弊社ホームページになりますご参照ください

3.肘(外側・内側上顆炎)

上腕骨外側上顆炎

上腕骨外側上顆に付着する筋は

・尺側手根伸筋 (手を小指側、手の甲側に動かす筋)

・総指伸筋 (人差指~小指を反らせる筋)

・小指伸筋 (小指を反らせ筋)

・短橈側手根伸筋 (手を親指側、手の甲側に動かす筋)

・長橈側手根伸筋 (手を親指側、手の甲側に動かす筋)

・回外筋 (腕を親指側に回す筋)

上記になります

上腕骨内側上顆炎

上腕骨内側上顆に付着する筋肉は

・尺側手根屈筋 (手首を手のひら側に動かす・小指側に動かす筋)

・長掌筋 (手首を手のひら側に動かす筋)

・橈側手根屈筋 (手首を手のひら側に動かす・腕を小指側に回す筋)

・浅指屈筋 (人差し指~小指の付け根を曲げる筋)

・円回内筋 (腕を小指側に回す筋)

上記になります

治療は基本的に保存療法PRICES処置となります

前腕の筋肉の使い方を世界的に研究している機関

http://www.bristol.ac.uk/news/2017/october/echoflex.html

前腕の筋肉は操作により5センチ程度収縮します(ゴルフ肘に関係する筋肉が存在する部分)

その再現性はエコー診察の場合98パーセントであります

すなわち肘の痛む筋肉の腱の付着部位は安静保持として、手や指を動かす筋肉の筋腹は正しくリリースすることで改善のサポートとなります

※リリースは正しい方法と方向と強度がありますので、絶対ご自身ではなさらないでください

弊社運動器専門チームにご相談ください

4.手(弾発指)

ばね指

thumb(親指)

index(人差し指)

のA1プーリーに多発します

A1プーリーは【No man’s land】と言われる部分です

血流が乏しく治療をしても成果が出づらい、何人も手をつけてはいけない領域とされてました

近年手の外科が飛躍的に進歩しておりますので、専門医の腱鞘内ステロイド注射は2回までは有効と考えますが、以降は保存療法がメインです

(1、ドケルバン病)と同じく弊社にある530治療器や超音波治療器は有効です

深指屈筋

浅指屈筋

長拇指屈筋

上記の3つの筋肉がターゲットになります

(3、外側・内側上顆炎)に記載した通り、正しい方法と方向と強度のリリースは有効です

5.肩・肩甲骨(後方四角腔絞扼障害・肋骨疲労骨折)

Quadrilateral space(QLS)

上腕骨外科頚、上腕三頭筋長頭、大円筋、小円筋に囲まれた狭い空間を、腋窩神経が通過してます

スイング動作でのフォロースルー時に、緊張もしくは伸長される筋により腋窩神経が絞扼されます

そのため上記の部分に違和感か痛みが生じます

使いすぎによる筋損傷と違います

治療は絞扼している筋に対して、530治療器・筋のリリース行います
患者さんの感受性によっては鍼灸も有効です

肋骨疲労骨折(ゴルファー骨折)

好発部位は、利き手と反対側の第4・5・6肋骨角あたりに起こります

スイングの際に肩甲骨×肋骨角がインピンジメント(衝突)が重ねて起こり骨折に至ります

骨折に関しては安静保持や超音波治療がメインになります

超音波の細かな振動は1秒間に300万回になります

それらがジュール熱を発生して、損傷の治癒に役立ちます

メディカルジャパンには、ゴルフに詳しい職員が多いのが特徴です

是非ご相談くださいませ