温暖差

新宿店の伊藤です。
朝夕の気温がぐっと下がり、肌寒い日が多くなってきましたね。本格的な冬に入る前のこの時期は、1日の最低・最高気温の差、いわゆる寒暖差が大きくなる時期です。そして暖房の使用によって室内外の気温差も広がり、私たちの身体は寒暖差のある環境にさらされることになります。
5年前と比べて、東京都の1日の最高、最低気温の差、いわゆる寒暖差は大きくなっている傾向にあります。2009年と2013年を比べると、11月で+0.7℃、12月で+1.0℃、1月で1.1℃(2014年比では1.4℃)と、冬が近づくにつれ、寒暖差は広がっています
寒暖差の激しい環境にいると、その気温差に対応しようとして、私たちの身体は必要以上にエネルギーを消費してしまいます。この“寒暖差疲労”が蓄積すると、“冷え”が深刻化します。
人間の身体は本来、寒い環境では熱をつくり、暑い環境では熱を逃がそうとします。
よって、気温差のある環境にいると、頻繁に熱をつくったり逃がしたりするため、身体はより多くのエネルギーを必要とします。
最近は空調が完備された環境が増え、寒暖差への耐性が弱い人が増えている傾向が見られます。さらに、“寒暖差疲労”は冷えだけではなく、肩こり、めまい、顔のほてり、食欲不振など、さまざまな不調を連鎖的に引き起こす可能性が高いので、本格的に寒くなる前に対策をとることが重要です」
エネルギーを過剰に消費してしまうことで“寒暖差疲労”に陥り、自律神経が乱れ、自分が意識している以上に冷えの症状が急速に進行する危険性があります。
自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。その2つのバランスをそこなうのが「自律神経の乱れ」です。不規則な生活やストレスによって自律神経の働きが乱れると、体の器官にさまざまな不調が現われます。
今どこがどういう風に乱れているのか1度診断するのもいいかもしれせんね。
当院では自律診断ができます。
しっかり身体のケアをしていきましょう。

新宿総合治療センター 【新宿鍼灸院 新宿整体院 新宿整骨院 新宿マッサージ院】 《専門家が高い知識と技術を》 150-0054 東京都渋谷区代々木2-10-10東京プラザビル8階 電話 03-6300-5611 //medical-shinjuku.com/ 【営業時間】 10:00~22:00 年中無休

●理学療法士
●鍼灸師
●あんまマッサージ指圧師
●米国PHIピラティス認定インストラクター
●米国NLP協会認定プラクティショナー
●日本不妊学会認定カウンセラー
●日本酵素学会認定カウンセラー
●AHAガイドラインBLSプロ
●加圧スペシャルインストラクター
●DYMOCOフットケアトレーナー
●シナプソロジーインストラクター
●認知症トレーナー
前田 智世