骨粗鬆症リスク

IMG_4133
生まれつきお酒に弱く、分解酵素であるアセトアルデヒドが少ない人は、そうでない人に比べ骨粗鬆症のリスクがおよそ2.5倍高くなる可能性があると言う研究結果が発表されました。
この結果、お酒に弱い人が過剰に飲酒をすることで、更に骨がもろくなりやすい可能性があるとみられています。
お酒の弱さは生まれつきの体質の為変えられませんが、骨芽細胞の成長を促すビタミンEを適度に摂取する事により予防できると言われています。
ビタミンEはアーモンドや、ヘーゼルナッツ、ヒマワリ油などに多く含まれています。ビタミンCと一緒に摂取する事でビタミンEの作用を活性化させられる為、ビタミンE、Cを合わせて摂取する様、心がけてみて下さい。

新宿総合治療センター
【新宿鍼灸院 新宿整体院 新宿整骨院 新宿マッサージ院】
《専門家が高い知識と技術を》
150-0054 東京都渋谷区代々木2-10-10東京プラザビル8階
電話 03-6300-5611
//medical-shinjuku.com/
【営業時間】 10:00〜22:00 年中無休