肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)でお困りの方へ、安心の国家資格者による施術にて肩関節周囲炎をしっかり改善致します。

肩関節周囲炎とは?

肩関節部の痛み、関節可動域の制限が主となる疾患で、40歳代以降、特に50歳代に多くみられます。症状や原因は人それぞれですが、多くの場合、高い所にある物を取ろうとする際、服を脱ぎ着する際、エプロンを締めたりする際に痛みが生じる動作時痛や、夜中寝ている際に、ズキズキとした痛みが生じて眠れないこともある夜間痛がみられます。主に加齢に伴う退行性変性により肩関節を構成する骨や軟骨、靭帯や腱などに炎症が起きることで発症すると言われていますが、骨折や脱臼など怪我の後遺症や使い過ぎによる過負荷も発症の原因となり得ます。

仕組みと原因

強い痛みがやわらいだ後、肩の動きが悪くなる「筋拘縮」へと移行する時期です。肩を動かした時に痛みを感じたり、動きの悪さから日常生活動作に不自由を感じることが多くみられます。

・回復期
運動時の痛みや運動制限が次第に改善する時期です。積極的なリハビリを行うことで、肩の動きの回復が早くなります

一般的治療法

    保存療法
  • ①安静
  • ②徒手療法(マッサージなど)
  • ③運動療法(コッドマン体操)
  • ④鍼灸療法
  • ⑤物理療法(超音波など)
  • ⑥薬物療法(非ステロイド性消炎鎮痛薬など)
  • ⑦ブロック注射(肩甲上神経ブロック、局所麻酔薬注射、ステロイド薬注射、ヒアルロン酸ナトリウム注射など) 観血的療法
  • ⑧関節鏡視下手術

メディカルジャパンにしかできない介入例

高度診断機器を使用し姿勢の確認(モーションキャプチャー)、エコーによる患部の確認、筋電図動作分析による主な原因となる筋肉の筋出力や活動レベルの測定、カイロブロックを使用した体に負担のかからない骨盤矯正、リアラインコアを使用した骨格調整と筋バランスの改善、睡眠時間の質を上げたり、首の位置による頸肩部の筋緊張の緩和を図る枕診断などを取り入れています。 これらを基に患者さん一人ひとりのバイタル、生活環境、仕事環境、既往歴と照らし合わせた上で私達にしかできない治療方針を立て、効果の高い鍼灸やマッサージ、矯正などで治療を行っていきます。

モーションキャプチャー

枕診断

また、病院での診察、鑑別診断が必要と判断した場合には、地域の高度な医療機関とも連携しているため紹介も可能です。

そのうち治るだろうと放っておくと重症化して治るまでに数年かかることもあります。 また、痛みに耐えて患部をかばうことにより反対側の肩に同じ症状が出ることや、問題のなかった場所への負担から新たな症状が出ることもあります。普段通りの日常生活を送ることが困難になることさえあります。 自分で治す・放っておくなどせずに、まずは電話などで構いませんのでご相談ください。 メディカルジャパンは安心で健康な生活を送れるようサポート致します。

来院された方の喜びの声

1ヶ月前くらいから、肩に痛みを感じるようになり、そのうち治るだろうと思い様子を見ていたのですが、症状があまり変わらず、むしろ少し痛みが強くなっている気がしたので、以前お世話になっていたこちらで見ていただく事に。まだ初期段階ではありましたが、五十肩だったようで、ほぐしてもらいながら、ストレッチなどを加えて頂きました。動きにくさは出ていなかったものの、筋肉的には硬くなってきており、このまま動かさなかった場合には、もっと硬くなり動かなくなっていただろうという事で、ゾッとしました。早めにきておいて良かったです。その後週2で1ヶ月ほど通院し、不調は全く感じなくなりましたが、反対側も同じような症状が出る可能性はあるから、気づいたら早めに来る事。そして、ならないよう、必要なストレッチやトレーニングを教えて頂きました。またお世話になる必要が出てこないよう、自分でもケアをしておこうと思います!