寝違えとは?

寝違えでお困りの方へ。安心の国家資格者による施術にて寝違えをしっかり改善していきます。

眠っていて目が覚めた時に、首の後ろや肩にかけての痛みが出る場合や、いわゆる「寝違え」といいます。首を動かすと痛みが出るときもありますし、痛みで首を動かせない時もあります。日常生活がままならなくなることもあり、早期の改善が必要です。
「寝違え」の場合には、首の動きは制限されていますが、上記の診察や検査では変化は認められないのが特徴です。
数時間から数日で症状は改善するとされています。そのような場合には、徐々に首を動かしていくことで治っていくのが一般的です。 首、肩の痛みの原因は様々です。頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症性神経根症、頸椎症性脊髄症、強直性脊椎 炎、関節リウマチなど本格的な症状も考えられます。 自己判断で寝違えを疑うのではなく、弊社にご相談ください。

原因

睡眠中や生活の中での不自然な姿勢、負担のかかりやすい姿勢が続いたために、筋肉への血流が悪くなり 虚血状態になることや、いつもはしないスポーツや労働により筋肉が痙攣している、頸椎の椎間関節の関 節包に炎症があることなどが原因として考えられます。

筋肉の虚血・疲労や関節包に炎症を起こす原因は、上肢の使い過ぎ、同じ姿勢の持続などが考えられま す。
朝の不調はなかったにも関わらず、⻑時間のPCなど、首に過度の負担がかかることにより、寝違えのような症状を引き起こすこともあります。

痛みが強い場合には整形外科を受診し、手足のしびれはないか、手足の動きは正常か、深部反射は正常か、X線写真で骨が溶けたりしていないか、など鑑別をする必要があります。

一般的治療法

安静を基本として、(マッサージやストレッチは状況によって有効な場合もある ※悪化の可能性もあり) 医療機関では、消炎鎮痛のための湿布、鎮痛消炎薬や筋弛緩薬の処方を行います。

筋肉の痙攣が原因の場合には、こむら返りの治療で使う漢方薬が有効なこともあり、痛い筋肉や筋膜に局 所麻酔薬を注射する方法が有効な場合もあります。

メディカルジャパンにしかできない介入例

弊社には、上記症状を抱えてくる方が多く来院しています。ただマッサージして終わりではなく、弊社にしかできないエコー検査や徒手検査を用い、正しく診断を行い、原因を見極め治療していきます。 患者様一人一人に合った、立ち方・座り方など姿勢指導に加え、再発予防のため、強い体づくりや寝具の 環境設定のサポート(枕診断)もしています。私達と健康で豊かな輝かしい人生を送りましょう。

予防法やリハビリプログラム

日常生活でかかる、首への負担を減らすこと。睡眠時の正しい環境設定。など現状の改善が大きな予防になります。 寝違えは安易に考えられがちですが、痛みを感じている時点で、目には見えないレベルでの筋線維のダメージは起こっています。 傷口を広げるような無理なマッサージ、ストレッチを行うのではなく、安静、適切な処置にて、症状が長引かないよう、一緒に治療していきましょう。

来院された方の喜びの声

早急に対応してもらいました
朝仕事に行き、デスクワークを1時間ほど行っていると、突然首が痛くなり、動かせなくなりました。朝起きた時はなんともなかったので、これを寝違えと言えるのかはわかりませんが、症状としては寝違えと同じような状態になりました。その日は仕事にならない為、早退し、その足で治療をお願いしました。お昼頃に1度治療していただき、少し軽減はしたもののまだ、痛みがあった為、一度帰宅し、夜もう一度治療して頂きました。2回の治療で首を少し動かせるまでにはなりましたが痛みは残っており、不安はありましたが1日様子を見る事にしました。次の日の朝、痛みのことを忘れて起き上がったのですが、強い痛みが出ることもなく多少の違和感程度で、動くことも問題なく出来るようになっていました。念のため、その日も治療して頂きましたが、早い段階で治療して頂き、すぐに痛みが取れ、本当に助かりました。

参考文献

‘’日本整形外科学会「寝違え」‘’<https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/sprained_neck.html>

神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ