椎間板ヘルニアとは

ヘルニアでお困りの方へ。 国家資格保持者による安心な施術でヘルニアをしっかり改善します。
ヘルニアの保存療法に有効な「超音波鍼灸」は当院独自の画期的な治療法です。
「ヘルニア」とは、本来臓器や組織が収まっているところから「脱出や突出したもの」のことを指しますが、ここでは頸部や腰部の痛みやしびれの原因になるとされる「椎間板ヘルニア」について述べていきます。

椎間板ヘルニアは、下位腰椎(L4/5、L5/S1)が最多で、次に下位頸椎に多く、胸椎ではあまり発症しません。胸椎に少ないのは、胸郭により、椎体間の可動性が頚椎や腰椎に比べ少ないためです。
また、神経根走行の関係から下位腰椎では上位腰椎に比べ、神経根症状を起こしやすくなります。
高齢になると、下位頚椎での可動性が減少し上位頚椎のヘルニアを起こしやすくなります。

椎間板ヘルニアは、よく動く脊椎の部分で起こりやすいとされている疾患です。

原因

椎骨と椎骨の間にある軟骨(椎間板)の一部が、本来椎間板の収まっている空間より突出することで神経を圧迫・刺激し、痛みや痺れを発症すると言われています。

症状の感じ方には個人差がありますが、腰痛と下肢痛が2大症状です。 腰痛の自覚後、下肢筋力の低下やしびれはやや遅れて出現します。 まれに巨大ヘルニアにより急性の両下肢筋力の低下、感覚障害、膀胱直腸障害が起こる場合があります。

椎間板には、ほとんど血管がなく栄養は周囲組織からの拡散に依存しているため、退行変性(加齢、老化による変化)を起こしやすくなる場所です。 髄核の含有水分は、小児期の88%から、老年期には66%まで低下するため、クッション作用が減少し、そこに繰り返しの捻転外力が加わると線維輪の亀裂を起こしやすくなります。

多くの動物は重力は脊柱に対して垂直にかかりますが、人間は二脚歩行をしているので、立位では重力は脊椎と平行方向にかかり、他の動物に比べて多くの負荷が椎間板にかかります。 急に重いものを持ち上げたり、激しいスポーツによるものや、中腰などの日常生活の動作による椎間板への負荷だけではなく、最近では同一家系に発症し易いことから遺伝的な要因や社会的側面(仕事関連や家庭環境など)によるストレスや不安感などが深く関与していることも指摘されています。

診断

腰椎椎間板ヘルニアの場合


下肢伸展挙上試験や下肢の感覚が鈍いかどうか、足の力が弱くなっていないか等で診断します。さらに、X線撮影、MRIなどで検査し診断を確定する。

頚椎椎間板ヘルニアの場合


頸椎を後方や斜め後方へそらせると腕や手に痛み、しびれが増強する。その他、手足の感覚や力が弱いこと、手足の腱反射の異常などで診断する。

一般的治療法

腰椎椎間板ヘルニアの場合


痛みが強い時期には、安静を心がけ、コルセットを装着します。また、消炎鎮痛剤の内服や坐薬、神経ブロックを行い、痛みをやわらげる治療が行われます。痛みが軽くなれば、牽引などの理学療法や運動療法を行うこともあります。

これらの方法で改善が見られない場合や、下肢の脱力、排尿障害があるときには手術を勧められることがあります。最近では、内視鏡を使った低侵襲手術も広く行われるようになってきています。

頚椎椎間板ヘルニアの場合


痛みが強い時期には、首の安静保持を心掛け、頸椎カラー装具を用いることもあります。また、鎮痛消炎剤の服用や、神経ブロックなどで痛みをやわらげる治療が行われます。症状に応じて牽引療法を行ったり、運動療法を行ったりすることもあります。

これらの方法で症状の改善がなく、上肢・下肢の筋力の低下が持続する場合、歩行障害・排尿障害などを伴う場合は手術的治療を選択されることもあります。

好発年齢

20~40代男性に好発するといわれていますが、若年者~高齢者まで幅広い年齢層で多く見られる疾患です。

メディカルジャパンにしかできない介入例

椎間板ヘルニアの治療は、いわゆる手術による観血的療法と保存療法がありますが、ここでは弊社で行う 保存療法について述べることにします。

基本的には使い過ぎに寄るものが原因となっておりますので、安静にして頂くこと、また当院では患部への負荷を出来るだけ減らすための身体の使い方指導なども行っております。

「超音波鍼灸とは」

まず提携の医療機関にてMRIを撮影して、ヘルニアの位置を的確に特定します。

その後、ピンポイントの鍼灸と超音波を非温熱効果もしくは温熱効果のどちらかで照射します。当院で来院している方は週2回のペースで3週間でNRS10→3.4まで改善します。また、その方個人の筋バランスや骨格のバランスを考察したリハビリ体操を行って再発ゼロを目指します。

予防法やリハビリプログラム

まずは、原因となりうる「中腰での作業」や「重たいものを持つ」ことを避けるなど、出来るだけ腰に負担をかけないことが重要になります。また、腰に負担をかけない様にするだけではなく、腰周囲の筋肉を柔軟性を上げつつ強化することが必要になります。特に治療期間においては、悪化させないためにも、無理をしない範囲での強化が必要になります。

具体的には、体幹回旋筋群、臀筋群、内転筋群の柔軟性、腹圧を入れられるようにするためのインナーマッスル(多裂筋、腹横筋、骨盤底筋)の強化などが上げられます。

来院された方の喜びの声

早い段階で診断できて良かったです
1年前にヘルニアになり、そこからしばらくは足の痛みと痺れがひどく、まともに歩くことすらできませんでした。病院のリハビリにも通っていましたが、あまり変化がなく我慢する日々でした。知人にもひどい腰痛持ちの人がおり、その方からこちらのことを聞き、藁をもすがる気持ちでお願いしました。初めの頃の治療は正直、体制を変えるのも辛く続けていけるのか不安でしたが、4、5回ほど治療を受けたあたりから、少し痛みに変化が出始め、一時的ではあるものの、痛みを感じないタイミングが出てくるようになりました。結果的に、症状がほぼで無くなるまでには半年ほどかかりましたが、それでもあの時、こちらに伺ってよかったと思っています。病院のリハビリに通っていても同じくらい時間はかかったのかもしれませんが、毎回細かく状態確認をして頂き、それを基に毎回アプローチを変えて治療していただけたのは本当に、心強かったです。

参考文献

『臨床医学各論』(2008)医歯薬出版株式会社

神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ