慣れない仕事の作業で腱鞘炎に..手の使い方で痛みが軽減してます
お困り : 腱鞘炎
患者さんの声
大学卒業後、銀行員になり慣れないお札の扱いが突然増え、腱鞘炎になりました。仕事を休むわけにもいかず痛みを我慢しながら仕事をしていました。徐々に我慢も限界にきたので、治療してもらいました。針の治療がいいと言われたのですが、今までやったことがなく怖かったので、マッサージと機械の治療に加え、テーピングもしてもらいました。治療後の痛みはだいぶ軽減され、テーピングをしてもらうと、動かせない分、より痛みは出にくくなりました。仕事をすれば痛みが出てきたりすることもありましたが、2、3週間通い診てもらい、最終的にはテーピングなしでも痛みを感じないまでに治りました。手の使い方で症状が悪化するということで、正しいポジションを取れるようにするといいと言われたので、今は、そのポジションを日々調整しながら模索中です。