日本唯一のリハビリエビデンスに基づく、妊(卵)活・不妊・不育プログラム

女性のからだは、月経周期の影響により様々な面で不安定となります。

左記のように、ホルモン産出量、体温が変わりやすく、体内環境を整えるホルモンのほとんどが血流由来であるのため、生殖器だけでなく、全身のバランスとも関わります。

多くのホルモンは脳下垂体前葉という部分より産出されます。そのため、一度トラブルが起こると、連鎖するように複数のホルモンにバランスの崩れが生じます。

ホルモンは下垂体前葉より毛細血管に分泌され、全身へ働きますので、いかに血流が重要かということが理解出来ます。

血流は以下の3種類に区別されます。

1.体表血流

2.筋血流

3.内臓血流

周産期医療の様々な場面で大切なのは、子宮、卵巣、卵管などの

【3.内臓血流 】です。

内臓血流を増やすためには…

運動や緊張時に増える筋血流量を低下させる必要があります。

筋血流低下↓ = 内臓血流増加↑

リハビリにおいて上記のような方程式にはエビデンスがあります。そのため、さらに重要となるのが【呼吸】です。

※骨格筋部分は内呼吸と言う細胞内代謝となり、『ワッサーマンの歯車』と言うエビデンスです
呼吸【外呼吸】=心拍出【循環】=効果器【効果器】

という体内でのエネルギー代謝により、ミトコンドリアからATPと言うタンパク質が産生されて生命活動が営まれます。

さらに、このATP産生は、常に自律神経の影響を受けてます。結果、代謝向上のためには、

1.適切な運動量と筋量【筋血流を増やさず内臓血流を保つ】

2.安静時の換気量増大【心臓への血液還流増大させる】

3.血圧や呼吸数や体温の安定【バイタル安定により自然治癒力を高める】

が医療におけるベースとなり、自律神経のバランスに加えて、栄養面も重要となります。
栄養面の指標としては、総蛋白(TP)、ヘモグロビン(HB)、血中酸素濃度(Spo2)になります。

メディカルジャパンでは、周産期医療の介入においては、バイタルの安定や栄養面のサポートを考察した上で、医学的鍼灸やマッサージ、トレーニングを処方しているため、バイタルの安定や、栄養面向上、自律神経の安定が得易くなります。

不妊・不育という臨床では、産科での医療に合わせて、適切なタイミングと確実な手法を選ぶ必要があります。そのためメディカルジャパンでの不妊・不育プログラムは、日本不妊学会認定 不妊カウンセラーが統括してます。

また、産科医師との連携もあり最新のエビデンスを取り入れてます。

funin-nintei

【日本不妊学会認定 不妊カウンセラー】

不妊カウンセラーは 日本不妊カウンセリング学会が認定を行っている資格です。

取得者は主に、不妊治療を専門とするクリニックなどに勤務する医師、看護師、培養士(エンブリオロジスト)、臨床心理士です。
この資格は高度生殖医療(体外授精、顕微授精)や不育症、不妊治療の倫理、不妊治療に伴う様々な不安や悩みなども含め、幅広い知識について筆記試験、面接試験に合格したものに与えられます。

周産期トラブルには冷えや骨盤など、骨格の歪みがあります

万歳体操
体操で骨盤環境を調整
鍼灸治療
赤外線で身体を温める
鍼灸治療
骨盤内の血液の流れを改善

骨盤内には、子宮や卵巣などの生殖器があります。

臓器の血流が良く、骨盤が本来あるべき前傾前屈の形になっていると、受精卵が留まりやすく、受精しやすい状態となります。

しかし、冷えや歪みがあると、胎盤の血流を悪くし、骨盤前傾前屈の角度を弱くするため、内臓全体を下垂させ、着床しづらい環境となります。また冷えは、体全体を冷やすだけではなく、代謝や免疫力の低下も引き起こします。

当センターでは,自律神経反射が出やすい赤外線で身体を温めながら、鍼・お灸・整体などで骨盤内の血液の流れを良くしていくことで妊娠しやすい状態に改善していきます。 日常生活での疲労を取り除くことで身体の負担を減らし、心身共にリラックスした状態を導きます。

産婦人科の先生から紹介を受けることも多くあります。また、必要に応じて提携漢方薬局をご紹介します。

メディカルジャパンの介入プログラム一列

高精度バイタルモニター

Spo2測定器

血圧計

聴診器によりバイタルを確認

玄武石

セラミックブラック

温灸

東洋医学的評価

舌脈所見と腹診

自律神経診断

末梢血流神経により体内環境を確認

加圧サイクルにて成長ホルモン値の向上


※米国FDA認可のエビデンス

PRI呼吸法指導

星状神経節への医療レーザーアプローチ

三陰交(多気多血)への鍼灸アプローチ

2Dエコーによる妊娠後の逆子スクリーニング

ICF分類を用いた細かな患者像スクリーニング

症例

42歳 青梅市在住 女性
産科の通院歴7年
AMH(1.7)卵巣予備機能指標
慢性の冷え、肩こり、むくみ

足とお腹に温灸
代謝を上げるピラティスの処方

通院直後からBBT(基礎体温)に変化が出始め、三か月後に体外受精に成功。
その後当院での妊婦ケアを受けながら無事に3890グラムの大きな元気な赤ちゃんを出産されました。

当センターは、専門知識豊富な日本不妊カウンセリング学会所属の不妊カウンセラーが複数在籍しております。東洋医学と西洋医学をしっかり学び、厚生省の養成課程をクリアした国家資格所有者による上記のような多角的なアプローチで、皆さんのお力になり、頼っていただけるよう、結果を出せるよう、常に鍛錬と研鑽を積んでおります。他社に出せない実績と信頼があります。結果を出すためには環境が大切です。

プライバシーに配慮し、個室を優先的に使用、保険適応可能な場合もありますので、まずはお話をお聞かせください。

12年の妊活で出産し、現在二児を育児中の患者さん

※掲載許可あり