変形性膝関節症

膝は通常、自分の体重の2.3倍の重さがかかると言われている為、特に負担がかかりやすく、損傷が起こりやすい部位と言えます。さらに、人体の中で最も複雑で不安定な構造をしており、動きの支点として機能しています。

高齢化社会を迎え、加齢変化を基盤とした変性疾患は確実に増加しています。整形外科疾患において、変形性関節症(OA)は、外来で最も多くみられる疾患の1つとなっています。

その頻度は年々増加傾向にあり、60歳以上の約8割がX線学的に何らかのOAを持っているといわれています。変形性膝関節症は、OAの中でも最も頻度が高く、進行すれば歩行時痛により日常生活動作が大きく傷害されてしまいます。

2 大症状は痛みと膝関節内に水が溜まることです。初期は、立ち上がりや歩き始めなど動作の始めに痛みが起こりますが、休むと痛みはなくなります。その後、正座や階段の上り下りが困難になり、末期 になると、安静時にも痛みが伴い、変形が目立ち始め、膝の完全伸展ができなくなってきます。

好発年齢

男女比は1:4で、女性の方が圧倒的に起こりやすく、特に40歳以上の太った女性には、より発症しやすいとされています。

原因と分類

二次性の場合、半月板損傷、人体損傷、骨折、化膿性関節炎、関節リウマチなどから続発します。
これらの要因を明確に分離することは難しく、互いに密接に影響しあいながら病態形成されています。
関節軟骨の退行変性(加齢や老化による変形)と荷重と関節運動の機械的刺激が作用し、摩擦による関節の変形、増殖性変化を起こしますが、肥満、動脈硬化、関節軟骨破壊酵素の活性化、性ホルモンの影響などから起きる場合もあります。

診断

問診や診察、時には触診で膝内側の圧痛の有無、関節の動きの範囲、腫れやO脚変形などの有無を調べ、X線(レントゲン)検査で診断。必要によりMRI検査も行われます。

一般的治療法

保存的療法 ①生活指導②理学療法③装具④薬物療法⑤関節内注入療法
症状が軽い場合は、痛み止めの内服薬や外用薬が処方され、必要に応じて膝関節内にヒアルロン酸の注射が行われます。
また大腿四頭筋強化訓練、関節可動域改善訓練などの運動器リハビリテーションを行ったり、膝を温めたり する物理療法が行われます。足底板や膝装具を作成することもあります。
観血的治療 1関節鏡視下デブリドマン2脛骨高位骨切り術
保存的療法でも治らない場合には、手術治療も検討され、関節鏡(内視鏡)手術、高位脛骨骨切り術、
末 期の場合には、人工膝関節置換術が行われる場合もあります。

メディカルジャパンにしかできない介入例

メディカルジャパンでは上記のような症状の方がたくさん来院してきています。

私達は、ただマッサージするだけではありません。
「なぜそのような痛みが出たのか?」根本的な原因を探り、歩行の動作から不足している筋力や重心移動を分析し、患者様に適した施術を行います。

また、再発予防のため、姿勢指導や加圧などのトレーニングも取り入れていきます。

必ず患者様それぞれに適した、自宅で出来る簡単な運動や正しい座り方、立ち方、歩き方を指導します。
私達の指導したことを毎日意識的に取り組むことで、患者様の望む願いを叶えます。ぜひ私達と一緒に、身体を正しくしていきましょう!

予防法やリハビリプログラム

正座生活を避けましょう。また、大腿四頭筋(大腿部前面)の筋力強化も有効です。
冷房などにより膝が冷え血流が悪くなると症状の悪化の原因となりますので、温め、血流を促しましょう。肥満傾向の方は減量もリハビリのひとつと言えます。

参考文献

『臨床医学各論』(2008)医歯薬出版株式会社

‘’日本整形外科学会「変形性質関節症」‘’

神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ