急性腰痛

急な腰の痛みでお困りの方へ。
安心の国家資格者による施術で急な腰の痛みをしっかり改善致します。

急性腰痛とは?

腰痛の中でも、突然腰が痛くなること、症状が発生したばかりの腰痛を総称して、急性腰痛と言います。
時期により、「急性・亜急性・慢性(期)」と分かれています。

一般的には、急性期の中でも、とくに強い痛みや炎症が起きている期間は72時間(3日間)とされていますが、その後すぐに症状がなくなるわけではありません。

原因

腰痛は運動習慣がない方が起こしやすく、また比較的重症化しやすいことが知られています。
急性腰痛ではこれ以外にも、重い物を持ち上げるときの姿勢や生活習慣などが深く関係しています。
例えば、膝を曲げず立ったままの状態で重いものを持ち上げようとすると腰に必要以上の負荷がかかってしまい、急性腰痛を起こしやすくなります。特に膝が悪い方は膝をかばって立ったまま動作することが多いため、急性腰痛を起こしやすくなります。

特に膝が悪い方は、膝をかばい、立ったまま動作することが多いため、より発症しやすくなります。 しかし、実は原因のよくわかっていないことも多くあります。

一般的治療法

保存的療法①安静②薬物療法(消炎・鎮痛剤)

メディカルジャパンにしかできない介入例

弊社では、マッサージや鍼治療など、患部だけの治療ではなく、重力下での姿勢や生活習慣・環境の見直しを行います。
その後の再発予防には、姿勢や歩き方などの専門的分析を行い、筋バランス改善の為、ホームワークやピラティスなど様々な要素を取り入れ、より強い身体作りを提供していきます。

詳しい治療法、予防法やリハビリプログラム(慢性腰痛リンク)はこちら
※初回限定コースご利用の方
来院時にスタッフへこちらの画面をご提示ください

参考文献

‘’日本整形外科学会「ぎっくり腰」‘’<https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/acute_low_back.html>

来院された方の喜びの声

久しぶりのサッカーで、ギックリ腰をやってしまい、急遽お願いしました。最初は、自分で靴を脱ぐこともできず、手伝って頂き、情けなくも手を引いてもらい歩くほどでした。初めてのギックリ腰でどうしていいのか全くわからず、言われるがままでしたが、治療してもらった後は、かなり楽になり、痛みは残るものの、靴をなんとか自分で履けるようになり、一人で歩いて帰ることができました。年齢のことも考えず準備運動なしに、いきなり動いたのが原因だとは思いますが、日頃の運動不足を痛感しました。もうしばらく通い、腰が良くなったら、今度は加圧トレーニングをお願いしようかと考えています。体が動くようになっていたら、サッカーにチャレンジしたいと思います。


重い物を持つ作業をしていて腰に激痛が走りました。今まではその度に整形外科にて痛み止めの薬と湿布を処方されて1週間程度安静にして少しずつ良くなっていく感じでした。今回初めてこちらでお世話になり、4D整体と鍼治療、530という電気治療を受けて、翌朝には痛みなく起き上がることが出来、仕事をいつも通りにできました。痛みにより体全体が無意識に歪んでいたようですが、それも翌日には治りました。腰痛で困っている方は是非相談されると良いと思います。

急性腰痛

before

急性腰痛

after

神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ