眼精疲労

眼精疲労でお困りの方へ、安心の国家資格者による施術にて眼精疲労をしっかり改善致します。

眼精疲労は適切な施術が必要です

眼精疲労でお困りの方へ、安心の国家資格者による施術にて眼精疲労をしっかり改善致します。

眼精疲労で悩まれている方の多くは、集中力の低下、疲れやすい、睡眠障害、精神的ストレス、自律神経失調など、様々な症状により、日常生活に支障をきたしていらっしゃいます。

眼精疲労とは

眼精疲労とは、視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態をいいます。

<原因>

度の合わない眼鏡を使用していたり、老視(老眼)の初期などで無理な近業作業を行った場合や、緑内障や白内障以外にも、全身疾患に伴うもの・心因性のもの・環境によるものなど、眼精疲労をもたらす要因は多岐にわたります。

特に最近は、PCなどを使用する機会(VDT作業)が増えたことによる眼精疲労が増えています。

長時間のPC作業などによる不良姿勢は、呼吸が浅くなり体内酸素量が低下し、血流障害を起こします。また、PCからは光よりも強い刺激を与えるブルーライトが発生しているため、交感神経が優位になり、自律神経が乱れやすくなります。

一般的治療法

マッサージ、温熱療法を始めとして、眼鏡が合わない場合は作り直したり、目の病気が発見されれば治療するなど、悪影響を及ぼしている要因の排除が必要となります。パソコンを使用する機会の多い人は、適度な休息を取ることが非常に大切です。

眼精疲労に特効薬はありませんが、ビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬が有効な場合もあります。

メディカルジャパンにしかできない介入例

一般的な治療法だけでは、症状を繰り返してしまい、多くの方が悩まれていると思います。そこで、弊社ではモーションキャプチャーといった特殊な機材による姿勢評価、ご自身の自律神経の状態を客観的に評価する自律神経診断機、睡眠の質を上げる枕診断などを取り入れています。そこから日常生活での過ごし方のアドバイスや、生活環境を正しく設定してあげることにより、疲労が溜まりにくい体づくりが可能となります。 

予防法やリハビリプログラム

施術後には、正しい姿勢をとり、疲れにくい身体、疲れにくい環境設定を構築する為に必要なトレーニングなど、セルフケアを指導していきます。 身体について学んだ国家資格者だからこそ、適切なセルフケアが指導できます。身体的、精神的ストレスなどが軽減する事で、仕事での生産性を向上させ、快適な生活を目指しましょう。  身体のお悩みがある方にアドバイスできることは多々ありますので、まずはお気軽にご相談ください。

来院された方の喜びの声

定期的にケアしています
仕事柄、注視することが多く疲労感に加え、視力低下と老眼で見えづらくなってきた為、少しでも悪化を防ぎたいと思い通うようになりました。毎回、首肩周りの整体と鍼治療に加え530という機械での治療もやってもらっています。一度、仕事が忙しく1ヶ月くらい通えなかった時があったのですが、その時は、疲労感からか?目のかすみが酷くなり、再び通うようになると、そういった不自由さを感じなくなるので、治療の効果は、しっかり出ているのかなと思います。仕事が変わらない限り、眼精疲労とはつき合っていかなければならないので、これからも定期的のケアをお願いしていきたいと思います。よろしくお願いします。

神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ