肩こりでお困りの肩へ

カウンセリングを行い、その方の症状に合わせたオーダーメイドの治療を行います。

katakori_illust
肩こり筋タイプ
「僧帽筋」という腕や肩の上げ下げ等の大きな動きで使われる、身体の表面を覆う筋肉に不調が出ます。首肩全体で感じるこりはこの僧帽筋の不調のことが多いです。
原因 家事や、重たい物を長時間持つことで僧帽筋の過度なストレスや虚血が起こることで発生します。
当院の 施術法 大きな筋肉ですので、動かしながらほぐしていきます。
  • 「肩井」というツボを使用して鍼で治療
  • 患部を温め、血行を促進
  • 医療器による筋肉の再教育
  • 患部自体の筋肉をマッサージで加温
アプローチ例
肩の強いこりには指圧

肩の強いこりには指圧

筋肉の反応点に鍼

筋肉の反応点に鍼

※正しい腕の使い方や対策方法を指導していきます。
寝違え筋タイプ
肩甲骨と頸椎を結ぶ、肩の挙上に使う「肩甲挙筋」に不調が出ます。場所としては、首の後ろ~肩にかけての症状を感じます。
原因 肩甲骨の位置・歪みが頸椎を引っ張ることにつながり、「コリ」や「痛み」の原因となります。極端に偏った姿勢をした方に出やすい症状です。
当院の 施術法
  • 首の土台となる肩甲骨の「歪み」を整えるストレッチ
  • 首の関節面に対するソフトカイロ
  • 急性の場合、患部のアイシング
  • 血行の低下、安静保持を促す超音波治療
  • 慢性の場合、患部加温と血行促進
  • 医療器による筋肉の再教育
アプローチ例
肩甲骨の歪みを整えます

肩甲骨の歪みを整えます

首のソフトカイロ

首のソフトカイロ

強い痛みのねちがえには鍼

強い痛みのねちがえには鍼

※肩甲骨の歪みや筋力バランスを整える運動法なども指導していきます。
パソコン筋タイプ
身体前面の「大胸筋」と後面の「棘下筋・菱形筋」の影響により不調をきたします。 菱形筋は肩甲骨の間にあり、まさしくこの部分に不調が出ます。肩の前後の動きにより伸び縮します。
原因 同じ姿勢でいることが長い方、細かい作業が多い方、普段から呼吸が浅いことにより、筋肉の虚血が起きることが原因です。
当院の 施術法
  • 習慣改善のための呼吸法トレーニング
  • 交感神経優位となる背部緊張のお灸と赤外線による加温
  • WATERBEDによる胸郭のリラクゼーション
  • 患部自体の筋肉をマッサージで加温。
アプローチ例
背部全体をじんわりと温めます。

背部全体をじんわりと温めます。

姿勢制御反射を利用した呼吸法

姿勢制御反射を利用した呼吸法

※肩関節の位置調整法や呼吸法なども指導していきます。

来院された方の喜びの声

「新宿総合治療センター」でマッサージをお受けになった方の声をご紹介します。
  • kawauchi
    辛い頭痛と肩こりから解放されました
    河内千里さん(東京都日野市)
    PC作業がメインのデスクワークに転職しました。私にとって初めてのデスクワークは、徐々に首から肩・背中にかけての「コリ」につながり、頭痛がどんどんひどくなっていきました。病院の頭痛外来に通ったのですが、一向に回復せず手足も前より冷えやすくなっていきました。 そんな時、同僚の誘いで受けたのが「新宿総合治療センター」鍼治療です。最初は少し怖かったのですが、鍼は全く痛くなく、施術後は逆に心地いい状態になりました。 先生に「集中した時に呼吸を止めている」と指摘され、正しい呼吸法を教わりました。それを仕事の間に意識して行ってみたところ、頭痛がなくなったのです! 病院からもらった薬で肌が荒れていたのですが、それも元に戻り、晴れやかな気分になりました。「肩こり」と「手足の冷え」もかなり楽になって夜も眠れるようになり、本当に助かりました。 今は2週間に一回、再発を防ぐためチェックを兼ねた治療を受けています。先生は変わらず毎回しっかり話を聞いてくれ、わかりやすい説明もしてくださるので、とても信頼できます。
  • tanizawa
    素敵な出会いに感謝
    谷澤 真衣さん(東京都武蔵野市)
    以前から疲労からの「肩こり」が強く、たいへんでした。こちらの治療センターは友人の勧めで通い始めました。おかげで、年々「頭痛」や「肩こり」に悩むことは少なくなり、今では冬でもからだが冷えなくなってお肌の調子も良好です。先生のアドバイスで手入れの大切さを実感し、予防に努めています。