巻き爪

巻き爪でお困りの方へ。国家資格保持者による安心な施術で巻き爪をしっかり改善します。

当院では、国内外で特許を取得したペディグラステクノロジーを採用しています。

巻き爪女性

巻き爪とは?

爪のサイド部分が内側に巻き込み、変形した状態のことを指します。主に足の指に起こりますが、手の指でも起こります。爪が皮膚に食い込み、痛みや炎症を起こす方もいらっしゃいますが、正確には、そのような状態は陥入爪と呼ばれ分けられています。 しかし、どちらも原因が似通っているため、一般的には、どちらも巻き爪として認識されています。 巻き爪が起きている場合、痛みが出るだけでなく、姿勢や歩き方にも影響するため、膝や腰の痛みの遠因となり、特に高齢者の場合は転倒につながる危険もあります。

原因

1.物理的な外力による変形

幅の狭い靴、ハイヒールなどを履く事で、足趾に過度な力が加わるため、爪が真っ直ぐに伸びづらくなり起こります。

巻き爪女性

2.誤った爪の切り方

主に深爪をすることで、足趾に力が加わった際、爪の先の皮膚が力を受けて盛り上がります。結果、爪がまっすぐに伸びきることが出来ず、厚みが増したり、両端が巻いてきたりします。また、爪の両端の切り残した部分がとげのように皮膚に突き刺さり、痛みや炎症を引き起こす「陥入爪」の原因となることもあり、痛みを改善しようと深爪を繰り返すと症状が悪化してしまうこともあります。

巻き爪女性

3.足の指に正しく力が入らない場合

爪には本来、自然に“巻く”力があり、歩くことで下からの圧が加わり、巻き込まないよう、爪を広げてくれる働きがあります。しかし、偏平足や足の指に力を入れずにペタペタ歩く癖のある人、加齢や怪我、麻痺、寝たきりの人など、日常、指に体重がかからない状態が長く続くことで、爪を広げてくれる力が足りず、どんどん巻いてきてしまいます。

巻き爪女性

一般的治療法

矯正(ワイヤー式、プレート式 など…)

手術

従来は、外科的処置(手術)が一般的でしたが、現在では、矯正による保存的治療が増えてきています。

メディカルジャパンにしかできない介入例

冒頭にも記載したように、弊社では を取り入れた治療を行います。

ペディグラステクノロジーとは…

ペディグラステクノロジー

・痛くない

・初回施術ですぐ痛みが消える

・短い爪でも可能

・巻き爪の再発率が低い

・透明な器具で見た目も美しく、ネイルも可能

・あらゆる爪のトラブルに対応

・親指以外の爪も可能

・1ヶ月に1回通うだけ(弊社では、歩行指導など別プログラムも取り入れているため、通院頻度が変わる場合もあります

上記のような特徴を持つ技術です。

ペディグラステクノロジー

治療後はセルフケアの方法や姿勢・歩行指導、靴の履き方等の確認を行い、再発予防対策を行います。

・姿勢の画像診断(モーションキャプチャー)

姿勢の画像診断(モーションキャプチャー)

・歩行診断(米国ノラクソン社)

・歩行診断(米国ノラクソン社)

・インソール処方

・歩行診断(米国ノラクソン社)

良い状態を長く保つためには、削るだけではなく生活習慣や動作改善、歩行時の筋バランスの調整などが重要です。巻き爪の改善により、痛みが取れるだけではなく、歩行バランス等も改善されるので、巻き爪に付随して起こる身体の痛みや緊張も緩和されます。足の状態を整えて、より良い体作りをしていきましょう!

症例befor→after

巻き爪写真
巻き爪写真
巻き爪写真
巻き爪写真
巻き爪写真
巻き爪写真
巻き爪写真
巻き爪写真

来院された方の喜びの声

小学校の頃から、足の親指の爪の角が伸びてくると、サイドに入り込み、放っておくと痛みが出ていました。その為、頻繁に爪を切り入る前に防ぐという状況でした。私も巻き爪なんだとずっと思っていましたが、診てもらうと、厳密には、陥入爪といい、巻き爪とは別ものと言われました。それでも、治療は同じようにできるということで、やって頂きました。爪を短くしていたこともあり、初回の治療での変化は分かりませんでしたが、2、3ヶ月経過し、いつも短くしていた爪を伸ばしていても、皮膚に入っていくことなく、きれいに伸びていき、痛みを感じることがなくなりました。このまま伸ばしていると、いつかまた入っていくのではないかという不安はまだありますが、もう少し様子を見ていきたいと思います。

神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ